• 2014.3.4
  • 好きな美術、嫌いな美術 はコメントを受け付けていません。

好きな美術、嫌いな美術

弊社では美術分野へ参入する際に、美術館学芸員、アーティスト、ギャラリーオーナーなど様々な美術関係者にお話をお伺いしました。

また多くの美術・アートファンの方ともお話をしました。

その中で共通した事項があります。

それは「美術とは主観的」であるということです。

ひとつの作品をどう感じるかは、人それぞれであり、何が正解で何が間違っているということはないのです。

だからこそ美術は奥が深く、探求する余白が常に残されており、長い歴史を経てもなお、進化する分野だと言えます。

ひとつの作品を例にしても、A さんが好きだからといって、B さんが好きにならなくても良いのです。それは「自由な選択ができる」「自分自身が培ってきた経験や知識から判断される好み」を尊重できるということです。

語弊を恐れず言えば、貴館のことをあまり好きではない人もいるかもしれません。しかし、逆を言えば、熱烈なファンがいることもまた事実なのです。

弊社の MUSEUM VIDEO パッケージプランでは、この「貴館の熱烈なファン」を増やすことが目的です。

熱烈なファンを増やし、ご来館いただくことできっとより一層のファンになっていただけると思うからです。

それこそが MUSEUM VIDEO の最大の目的なのです。

関連記事

コメントは利用できません。
Twitter facebook ページ上部へ戻る