• 2014.3.3
  • 誰に見せるのか はコメントを受け付けていません。

誰に見せるのか

MUSEUM VIDEO を制作し、ツールとして使用していくのに最も大切なことは、「誰に見て欲しいのか」という部分です。

いわゆる、ターゲットをきちんと設定しなくてはなりません。

しかしながら MUSEUM VIDEO ではそれらの主なターゲットを以下のように設定しています。

1. 貴館のことをあまりよく知らないアートファン
2. 遠方のため、なかなか詳細情報を知ることができない人
3. 現在もしくは将来開催中の展示会情報をより詳しく入手したい人
4. 美術、アートというものに興味があり、その導入部分で動画を見たい人
5. 海外在住のアートファン

このように、どの動画ストーリーをお選びいただいてもコアなアートファンからビギナーまでを網羅することができます。

テキスト情報だけでなく、より魅力的なコンテンツを動画や音声、字幕といった組み合わせで集客することができれば、非常に効果的なアピールができるのではないでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。
Twitter facebook ページ上部へ戻る